あなたしか見えない ~사랑해~ チョ・インソン

 愛するインソン君への想いを思いつくまま綴っています



  love01.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 拍手ボタン右側です~♪  クリック ヘ ジュセヨ~(^^)

Esquire 記事翻訳

きゃ~~!!終わった!!!!!
Yちゃん、終わったよ~~~\(*≧∀≦*)/

あ…、失礼いたしました

今日、EsquireのHPを見たら
雑誌そのままのようにして見れる“ネットブック”ですかね?
アップされていましたよ~♪

 ★Esquire ネットブック★

そして、お友達のYちゃんが 画像も送ってくれたんですけど
なんとなんと!!
記事本文をワードにタイピングして送ってくれました~~!!

すっご~~い(@_@)
めっちゃ、大変だったと思うんですよ

内容を分かりたかったけど、
ハングルタイピングがきっつ~…と思って躊躇してたので
ほんと、嬉しい~!! ありがとう!!

で、僭越ながら さっそく翻訳させていただきました~(^^)

Esquire4.jpg
Esquire5.jpg


めっちゃ長いので、次のページから どうぞ~~♪
誰でもそうだっただろう。

カメラの前に彼を立たせて、
しばらく魂を抜かれたように眺めた。
意志が強く見える端正な顔を通り過ぎ 
まっすぐに伸ばした腕と長くてしっかりした脚を鑑賞して 
再び顔へ。

そうして ほんの少し目が合った。
本人も自らが素晴らしいということを承知している気配。

そういえば、俳優を撮影しながら 特別な後半作業が必要ないという考えを
現場でしてみることは 正直、久しぶりだった。
やはり「エスクァイア」が選択したカバーモデルとして遜色がなかった。

だが、インタビューという名前で彼と向き合うと
すぐに状況は変わった。

ふたことぐらいの対話が気さくな笑いと共に行き来する間
本能的なレーダーが作動した。

精神、きちんと整えなくてはならない。
あちこち突いてみたが 彼はびくともしなかった。
決して急がなかったし、繊細に選び出した単語できちんと自身を説明した。
簡単に装ったり 真似ることができる種類のことではなかった。

なんだか 彼がかなりの長時間
自らを苛酷に追い詰めてきたようだと思った。
チョ・インソンという男の堅い本質は
過度に完全な体つきによって 長い間選り分けられた結果かもしれない.

彼の低い声が スタジオの隈の小さい部屋の中で上方に広がった。


★しばらくインタビューをしなかった。
男ならば 大部分が行ってくる軍隊を
とても強調するようで決まりが悪かったから。
除隊後、これまでの活動をリセットさせて 
再び始めることのように再評価しようとする視線も少し不満だったし。

私の立場では 14年の間 芸能生活をしてきたが
その中の2年だけ軍隊に行っていた。

休みたくて休んだのでもなかったし、もちろん軍隊生活が影響を及ぼすことはした。
肯定的な面もあり 否定的な面もある。
皆が軍隊に対して肯定的な意見だけ持っているならば話にならないってことだね。

変わろうとして変わったのではないから
私自身が大きく変わらなかったのだと思う。
だが 学んではいけないことや学ばなければならないことなど
すべて軍隊で学んだようだ。
初めて 慣れない組織生活をしながら
そちら側の体系と社会生活を学んだようだ。

ああ、個人的に組織生活が合わないということもはっきりと学んだし。
ハハ。

その中でどれくらい多くの人に会ったか。

誰でも一度は兵長になってリーダー経験をするので
リーダーと認められるには どのようにしなければならないかも分かるようになった。
組織生活をしてみると 義務を果たさずとも権利だけ前面に出しやすく、
だから 義務を果たして人々に良い人と認められたい欲が出た。

兵の長としてしなければならないこと
二等兵としてしなければならない役割が
除隊してしまってから見えてきて、
その中にいる時は分からなかったのだろう。

あ、軍楽隊で司会を500回以上していて、
もうファンクラブの集まりで
私一人で 太鼓を叩いて長鼓(チャング)を打ったりは
出来るようになったようだ。


★何日かすれば除隊してから もうすでに1年なのに
どういう訳か その1年が作品の空白期になってしまった。
色々な話が多いが 早目に決めておいた映画『拳法』が 
少しずつ持ち越されて そうなっただけで
ただひたすら待ったというよりは タイミングと状況の合う作品がなかった。

ただ自分を消費する作品をしたくなかったから。
スコアに関係なく、出てぴったりと合う作品をすれば後悔がないから。

感じを言葉で表現しようとすれば本当に簡単ではなくて
できるだけ 言葉だけではなく行動でお見せしようと思った。

例えば このようなことだ。

ある歌手が 自作曲のアルバムを出すとしよう。
彼は自身の状態と考え、感じなどを
メロディや歌詞で表現して音楽を作成するだろう。

俳優は そのように積極的に出来ず受動的になるので
私をそのままに表現する作品を待つことと思えばいい。
それで、ちょっと長くかかった。

だが、フィルモグラフィーを思いながら
この地点ではどんな姿をさらに見せるべきかとの計算はしない。

あ、「日陰から脱出しなければならない」とは思った。

元々、私のように生きる俳優たちは
演技力が認められるために、さらに劇的に駆け上がる作品を選ぶ傾向がある。
認める。

『霜花店』もそうだし『卑劣な街』もそうだ。
演技力を認められるための渇望というのだろうか?

これからは そんなことから脱したい。

俳優としてずっと動いている時は むしろよく見えなかったが
軍隊で偶然にTVで 以前の作品を見てそのような気がしたよ。
基準のフレームから脱した作品をすれば 面白いね。

それで バラエティも自信を持って出て行くことにしたし、
両親がくれた大きな長所だから、私の容貌も十分活用できる作品をしてみたい。


★ハンサムだという声を、聞きはしたけどね。
高等学校の時からモデル活動をしたから。
チョ・インソンという子がモデル活動をするというのは
みなに分かったし注目された。

でも すべての人が私を好むとは思わない。
容貌を武器にして他人に会うと酷い目にあいやすいから。
それは傲慢で高慢なことだ。

初めに好感を与えることはあるだろうが持続性はないだろう。
単発性に過ぎないだろう。

実際に 私のような人を負担に思う人も当然あって
拒絶されたことも多い。

その上、芸能人の中にハンサムでない人がどこにいるか。
ほとんどが 町内で最もハンサムだったという人が芸能人になるだろう。

けっきょく、魅力があるかないかで 
生き残るか否かが決定されるのだ。

直観的な容貌は、そうだね、競争力とするにはかえって弱いだろう。

人が人に好感を持つようになる その魅力というのは、
雰囲気や気勢をはじめとして 言葉で説明することはできないものなどで
構成されるようだ。

勉強や思索もたくさんして
化学作用を呼び起こさなければならないだろう。
それのどこが易しいか。

私の魅力?
そうだな、それが分かるなら ゴザを敷いて占ってもらったのに。

容貌なら、う~ん、時々鏡を見てそのように思ったりもする。
ああ。
今回の生は運が良かった。


★『モリー先生との火曜日』という本で モリー教授が死に行きながら言うことがある。

「若いのに 何が羨ましいのだ。
 私も若い時期には すべてやってみたが、 
 戻りたいと思うのなら 後悔があるということだ。」

年齢と経験は比較対象にすることができないということだね。

私も同じ考えだ。
容貌や肌だけを しきりに子どもっぽく友人らと比較する必要はないと思う。

ところが管理は 大そうにしたりする。
皮膚科に熱心に通って良い製品を塗って、
精魂を込めただけ違いが生じるのは事実だから。

特に芸能人だからということではなく
管理の重要性は本当に無視することはできない。

ああ、女性の方々、私の経験によると
メーキャップは 早く落とすことが本当に重要だったよ。

一番重要なのはサンクリームをローションのように塗ることだ。
私はサンクリームを必ず塗るよ。

この頃“アンチエイジング”という話がたくさん出るが
私は“ウェルエイジング"が重要だと思う。

かつての栄光から脱しないアンチエイジングではなく
歳を取るのを認めながら よりよく歳を重ねる方法を模索するウェルエイジング。
そのように 私たちがどのように変わっていけるかに勝負を賭けて
それを早く始めなくては。

それで 手始めに“ヘラ”、あ、私がヘラオムのモデルだから
こんな話をするのではないよ。
ハハ。

とにかく私は よりよく歳を取っていきたい。
そういうことだね。

“顔が良くなったかって?”
それは 綺麗になったり肌が良くなるという意味もあるが
気勢が良くなったという話だよ。

それは隠すことはできないから。

しわひとつのことではなく 会った時の感じが重要で
それでウェルエイジングをするためには
まず気持ちが元気でなければならないだろう。


★『三径』まで全部読めなかったが、軍隊で『四書』は読んだ。
あ、漢文だけのものではなくて。
とにかく とても面白く読んだ。

若干の意志力を発揮してこそ 
読み進められるような項目もあったりするだろう。

『中庸』までは大丈夫だったが『大学』がちょっと大変で
『論語』と『孟子』は ひとりの一代記のような話だ。

人間間の 嫌な関係、良い関係、不明瞭な関係、
そのような関係別エピソードを読み進めてみると
私の人生の多くの部分と いろいろな人々が
この本と重なったよ。

もちろん、一枚一枚 早く進めたりはしない。
注意深く考えなければならないし
以前の思い出と関係を引っ張り出さなければならないから。

だが、人に対する洞察力を得られるようになる気持ちだった。

元々、小説より 人物に対する本や人文書が好きだったが
軍隊で考えが多くなり このような本を読むことになった。

軍隊の礼儀と社会での礼儀はまた違っていて
階級というものがあるから。

“果たして礼儀というのは何か”“礼儀に対して知りたい”という考えを持ったよ。
言うならば、誰かが私に 礼が無いと言った時
それに対して反問し、自信を持って行動したいという渇望で始まったことだ。
それなら 礼儀の起源に対して遡ってみようと。

『論語』?
いや、とてものめり込んだね。

それでは『孟子』を読んでみるか?

そのように四書三経を始めることになったのだ。

『孟子』を読むと この中で話すことが みな孔子が話すことなので
『論語』へ渡ったが 『論語』では中庸を強調するから、また『中庸』を見て
ついでに『大学』まで読んでしまったんだろう。

ところで四書を読んでみたら『詩経』『書経』『易経』の三経を読まなくては
人生を論じることができないということだ。
ということで、短詩『詩経』を読み始めたのだ。

そのように軍隊では本を読みながら 主に時間を過ごした。

英語勉強、日本語勉強だけが 人生の筋道のように思うよりは
これも大丈夫だろうと思って 勉強だと考えて読んだが
それと共に余裕がたくさん訪れた。

元々 ひとつが引っかかれば 深刻に掘り下げるスタイルでもある。

私がちょっと執拗だから。
それでも執拗に何か成し遂げることをしなければ
退屈だっただろう。

執拗に陥って愛して、それでこそ面白くはないか。
男女間の愛だけの問題ではなく。


★そのままで大丈夫なふりをすることもある。
「自分」というのがかなり難しい。

それで ますます話す言葉がなくなるようで。
そのまま行動でお見せしたい。

自分の考えを話すというのは とても恐ろしいことなので。
言葉というのは難しくて慎重でなければならないようだ。

ただ 偉そうに見せることもあるから。

物質的に不足だと 確かに感じることはないのに
金で買うことができないものなど中に 欲しいものが多い。

踊りも上手く踊りたいし 歌も上手になりたい。

マイケル・ジャクソンが死んだ時 このように思った。

“自分の才能として 足の爪くらい程でも交換できたら。”

ところが それは私が持つことの出来ないことだから 諦めないとね。
してみても 上手くはならなかったよ。

ギターを上手く弾きたくても 指がよく動かなくてギターが壊れると。
そのまま聞くだけで満足しなくては。

たまには一人で料理もする。
やり方が分からなければならないと思って。

この頃気になることは 細々したことだ。

私と結婚する人は誰だろう。
天が定めた運命かも分からないが、結婚をするのだろうか。
私の妻は どこにいるのか、そんな思い。

多様な経験を全部してみれば良いけど
現実的に不可能だから けっきょく作品でするのだろうね。

フッと行って フッと来て、フッと取りだしてみて
そうだねとまた戻って。

重要なことは また戻れるかどうかだと思う。

つまらない中間の生活を送るというのではなく
スイッチをつける時と終わりの時を分からなければならないし
他の見方をすれば弾力に対する話でもある。

そのRPM(エンジン等の回転数の単位)で パッと上げなければならない時があって
また、あのRPMで下りたり。

ところが速力を出すことは分かっても 
低いRPMには留まることができない人にはなりたくない。


★俳優という職業、演技するという行為。
今 私が一番上手にできることは けっきょくこれだ。

小学校の時から憧れた夢でもあったし。

監督中心に作品を駆って見る人がいるかと思えば
私は俳優中心に耽溺するスタイルである。

私を揺さぶった最高の俳優はレオナルド・ディカプリオだ。
演技に力がある。
そのように歳を取っていくことができたら 本当に素晴らしいだろう。

ロバート・ダウニーJr.も ぴったり私の好みだ。
適切に重さを維持しながらウィットある演技を見れば
「どうしたら あのようにできるのだろう?」
自分もしたい。

国内では イ・ビョンホン先輩、チャン・ドンゴン先輩、
チョン・ウソン先輩のような方々が
そんな道を見せてくれるようで感謝する。

先輩を見れば熱心に挨拶をしなければならない理由がある。

人気のたくさんある俳優が ややもすると自分中心に世の中が回ると信じやすいから。
ところが そうではなかった。

私もやはり王子病だった時期があったが 世の中はそうではないと。

もう、つまらないものなどに揺れない自信はある。

一生、演技をするということは生意気な発言で
大衆が愛してくれる限りは このことを長くしたい。
愛を受けられなければ 自身がしたくても
キャスティングされなくて それでは演技など出来ないだろう。

その時までは 出来るように。


★儒教で“恕”の心があればこそ止めるという言葉を言ってたよ。
感じを正確に表現することは難しいが
単純に言ってみれば“自分がしたくないことを他人に薦めるな”ということだ。

今よりはるかに歳を取った時は そのように権威的ではない、
スタイルの良かった人として記憶されたい。
外的なことも含めて 考えと行動、配慮とマナー、
そんなことがスタイルだと思うよ。

直観的な外貌よりは 偏見なしで洗練された考えを備えて
名誉とお金のようなものに捕われない境地に達して
スタイルの良い人になるのが最終的な目標だ。

自分の考え通りに確かに人生を生きていくが
余裕があって柔軟で誰とも交わることができる人。

正しいとか正しくないとか 二つに一つではなく
多様な人を認められる大人杯になりたい。

強い人ではなく 大人杯。

分かってみると優しい心を持っている人を大人杯というらしいよ。

そうしようとするならば 私がどのようにしなければならないのか
ずっと悩んでたくさん感じて考えて勉強しなければならないだろう。

俳優としての活動ぐらい 大人杯に成長する未来の私を想像してみる楽しさがある。

あ、それでも 何か優しい役割だけするというのではなくてね。


 注:翻訳の間違い、いっぱいあると思いま~す


インソン君、やはりあなたは素晴らしい人ですね
あなたに逢えて 本当に良かったです (//▽//)

Yちゃん、ほんとにほんとに ありがとう~♪

関連記事
 拍手ボタン右側です~♪  クリック ヘ ジュセヨ~(^^)

☆Comment corner

●2012.06.01 Fri 22:30

  
ゆうさん、Yさんありがとうございます!!
インソン君の今・・・、わかりました。このインタビューの言葉と
LOVEのインソン君の表現が重なって感じますよ。。
ますますインソン君のこと・・・好きでたまらなくなったe-420
ゆうさんに逢えてインソン君に逢えてシアワセですv-352
ゆうさんブログはシアワセのとびらですよ~

●2012.06.02 Sat 10:26

  
こんなに復帰作が決まらないのに、落ち着いて見えるのは何故か、
インソンさんの心境、知りたいところでした。
ゆうさん、ありがとうございます!
「卑劣」や「霜花店」をどう思っているかのくだりも、興味深かったです。
誰か、この比類ない俳優の、並みでない「志」に応えられる映画を早く用意してくれ!
  • #-
  • みどり
  • URL
  • Edit

●2012.06.02 Sat 13:09

  管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

●2012.06.02 Sat 16:04

  ♪irodonさん
今までにも 何度か
インソン君のインタビュー記事を翻訳してきましたが…

いつも思うのですが、心持ちの移り変わりはあっても
彼の本質的な部分が まったくぶれないんですよね~
凄いことですよね!!

それだけストイックでもあるということなので
ちょっとは怠けて、ゆるく生きてもいいのに…
と思ったりもしますが~

でも、それがインソン君であり
そんな彼が大好きなんですよね(^^)

私のブログの影響なんて、微々たるものですけど
これからも、ずっと応援していきたいですね!!
  • #1wIl0x2Y
  • ゆう
  • URL
  • Edit

●2012.06.02 Sat 16:12

  ♪みどりさん
拙い翻訳で、インソン君の想いの
半分も伝わったかどうかわかりませんが~…

でも、方向を見失ってるのではなく
方向を見据えての「待ち」であることが
よくわかりましたね(^^)

インソン君のアンテナに ばっちりと引っかかる作品、
現れてくれるといいですね~!!
  • #1wIl0x2Y
  • ゆう
  • URL
  • Edit

●2012.06.02 Sat 16:19

  ♪鍵コメ みゃうさん
いえいえ~
すべてはYちゃんのお陰ですよ(^^)
私ひとりでは、絶対にとん挫してましたから…ww

見た目がチャラいというわけではないけど
インソン君の、堅実で知性的な部分に触れると
そのギャップに驚き、ますます惚れますよね!!

次の作品…
私は やっぱり早くして欲しいけど~(笑)
でも、応援しながら いつまででも待ちますよ!(b^ー°)
  • #1wIl0x2Y
  • ゆう
  • URL
  • Edit

●2012.06.02 Sat 22:53

  はじめまして!!
もう何年もゆうさんのブログを拝見してきて、
東京ファンミのお手紙公開の現場もみせて頂いて(笑)
初コメ・・だと思います(大汗)

翻訳、本当にありがとうございました!!
インソンくんが除隊してから何を考えてすごしてきたのか
すごくわかるインタビューでしたね。
もはや、自分が美男子なことも認めつつ、それでもそれだけでは仕方がないということまで悟っちゃってるインソンくん
どこまで行ってしまうんでしょうか~~!!

●2012.06.03 Sun 00:08

  
好きだ好きだ好きだ

ゆうちゃん違うで(ゆうちゃんも好きやで)

きっとインソン君を好きな人は
インソン君の本質を本能的に感じとってるから
好きになっちゃうんだわ

サランはこれからもずっとずっ~~~と
インソン君を愛していきます


そしてYさんゆうちゃん
ありがとうございました
サランヘ
  • #-
  • サラン
  • URL
  • Edit

●2012.06.03 Sun 08:31

  
ゆうちゃんおはよ。
何度も読み返し感激。
コメントサランちゃんとまったく同感だから。
サランちゃん、ゆうちゃんありがとう。そして会いたいよ。

●2012.06.03 Sun 12:02

  ♪らまさん
初コメ、ありがとうございます(^^)

あら?東京でも~e-330
そうですよね、あれは どうしたって面が割れます
お恥ずかしい~~(^_^;)

インソン君が 人間磨きに力を入れるの、わかります
美しい人には、平凡な人とは また別の苦労があるということですね

そして、たぶん今までなら謙遜していた“見た目”のこと…
素直に受け入れるの、いいことですよね~(^^)
それだけ、大人になったのでしょう

一貫した堅実な考え方も含め、どこへ行こうとも、
私たちも へばりついて行きましょう~~!!
  • #1wIl0x2Y
  • ゆう
  • URL
  • Edit

●2012.06.03 Sun 12:09

  ♪サランちゃん
インソン君を好きな人って、
最初は、もちろん見た目に惹かれることが多いと思うけど
その後、中身を知って どんどん好き度が増すんやもんね~

“人間、チョ・インソン”
に、惚れる感じやんね!!(≧▽≦)

私も同じく、インソン君 オンリーワンやわ~v-344
  • #1wIl0x2Y
  • ゆう
  • URL
  • Edit

●2012.06.03 Sun 12:14

  ♪hiroさん
読めば読むほど、インソン君の想いが伝わってくる感じ、
しますね~(^^)

…って、翻訳が間違ってなければいいけど~(^_^;)

ん?
「会いたい」のは、インソン君のことやんね~?(笑)
私も、会いた~~い!!
ファンミの話、出て来ないかなぁ~
  • #1wIl0x2Y
  • ゆう
  • URL
  • Edit

●2012.06.03 Sun 12:23

  ♪拍手コメ 匿名さん
今のお仕事、広告ばかり…とか、
バラエティ、無理してるんじゃないか…とか、要らぬ心配でしたね~

インソン君は、ちゃんと自分の信念のもと
自然体で動いているのが よくわかりました(^^)

でもやはり、早く作品ができればいいなぁとは思いますが
このインタビューを見て、私たちも
今までとは ちょっと違う気持ちで待てそうですね♪
  • #1wIl0x2Y
  • ゆう
  • URL
  • Edit

●2012.06.04 Mon 05:02

  
ゆうちゃんおはよ。
インソン君に勿論会いたいしお二人にも去年のファンミ以来お会いしてないね。最近なにかと多忙で大阪にも行けれてません。
今度お会いするの楽しみに待ってます。
サランちゃんもお元気ですか。

●2012.06.04 Mon 08:18

  ♪hiroさん
ふふ(*^m^*) 冗談ですよ~
私もサランちゃんも、相変わらず元気ですw

ブログをしていて嬉しいのは
全国のインソン仲間と繋がりが持てること

そして、ファンミ時には hiroさんや他のみんな、
まだ会ったことのない方にも会えるのが
とっても楽しみな内のひとつですね~(^^)

ファンミ、あって欲しいね!
  • #1wIl0x2Y
  • ゆう
  • URL
  • Edit

●2012.06.05 Tue 00:57

  
hiroちゃ~ん

サランは相変わらず元気にしてるよ
1年会って無いて言う事か~

暇が出来て大阪に来る時は……でも


ゆうちゃん
この場をお借りしました
  • #-
  • サラン
  • URL
  • Edit

●2012.06.12 Tue 22:39

  インソン命[e:328]
除隊して 一年も経つのに インソン君の演技を見られないのは とても…寂しい
私は、数年前、ごめ愛で ジソプにはまり ジソブの歌う雪の華を 聞いてたら 涙が出るほど 感動していたのに…

ジソブ見たさに バリ出来を見た後 チョインソン病に なっちゃいました~

星を射るで、可愛くて、美しい、インソナに、はまり春の日で 魅力的な ウンソプの虜に なり マドレンで 素朴なインソナに 夢中になり クラッシックでは とどめを 刺されました~

こんなに 素敵な 俳優が今まで いただろうか

時には ソリコミのヤクザ 時には 可愛いぼうや あるときは 超イケメンの 御曹司 どの役の時も インソナは 役柄の人格から入りきって その人物として セリフを 発するから 同一人物とは 思えない う~ん

本人は 自覚してるしてない別として 私は 希に見る 天才的な 才能が あると思っています

インソナの 顔や 声や あのB型独特の 天然な魅力
インソン君は 中毒になってしまいます

出来れば インソナ の物にもならないで~

と 思いますが 愛する人と 早く出会わせてあげたいなあ…と 2つの心が 勝手に 葛藤し
  • #ZmPEdn32
  • ポニョ
  • URL
  • Edit

●2012.06.13 Wed 17:43

  ♪ポニョさん
おぉ~!!
熱い想いを語ってくださって、ありがとうございます

うちのブログだけではもったいないですね?
FCサイトもリニューアルオープンしましたので
ぜひ、そちらでも語ってくださいな~(^^)

インソン君は、千の仮面を持っているんですよe-420

でも実は、天才肌ではなく努力の人ですね
稀に見る美しい容姿と感性は、神様がくれた天性のものだけど
そこに、本人の絶え間ない努力があるからこそ
現在のインソン君がいるのですね~

俳優になるべくして生まれたのだと思います

彼に出逢わせてくれたこと、
私たちも 神様に感謝ですね~(*^_^*)

そんな素敵な愛するインソン君…
私は、いつまでも結婚して欲しくないですけど ←(言い切る 笑)
  • #1wIl0x2Y
  • ゆう
  • URL
  • Edit

●2012.06.14 Thu 11:27

  ♪追伸:ポニョさん
今、自分のコメを読み返してみて…
なんだか、ポニョさんに反論してるみたいにも読めますね~?e-330

そんな気持ちは、全然ありませんので 気にしないでくださいね(^^)
  • #1wIl0x2Y
  • ゆう
  • URL
  • Edit

●2012.06.17 Sun 03:01

  ラブリィインソナ[e:328]
いえいえ そんな風には全然感じませんでしたよ~愛するインソナが 人なみはずれた努力家だということは 私も 知っていましたから…
今日は 家族で カラオケにいき、チョドッペの[君 僕の心に入ってくれば]を 歌っちゃいましたー

このうたは インソン君が 卑劣な街の 映画の中で 歌っていますね
他にも
テンボル 黄色いシャツ サランへ 全部 韓国語で 歌えますよ

でもちゃんと歌えるのは 今のところ サランへだけですけど

毎晩夢の中で インソン君の 映画の中に入って行けたら どんなに 嬉しいかと思いながら寝ています
一度目の前 1メートルで 生インソン君を 見てから もう 中毒になっています[2009年のファンミ]
インソン君拳法割りきって 他のドラマに出て欲しいなあー

ジソみたいに 独立しなくてもいいけど コヒョンジョンと 同じ事務所ヤダなあ



  • #ZmPEdn32
  • ポニョ
  • URL
  • Edit

●2012.06.17 Sun 20:17

  ♪ポニョさん
家族でカラオケですか~(^^)
韓国語の歌、たくさん歌えるんですね

「君 僕の心に入ってくれば」
この歌、好きです♪
チョ・ソンモssiが歌ってるのが有名みたいだけど
元歌は誰だろう?と、調べましたよ~(^^)
出てきた画像は、“泉谷しげる”みたいでしたw

生インソン、この世のものと思えないほど美しいですからね~
中毒にもなりますね!!
  • #1wIl0x2Y
  • ゆう
  • URL
  • Edit








(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

※鍵コメの場合も お返事のときにはネームを書かせてもらっています
 匿名希望の方は その旨を書いておいてくださいね(^^)いつも、ありがとうございます(ゆう)

Trackback

http://zoyouyou.blog84.fc2.com/tb.php/836-8e0f8ab3

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

★インソン初心者のあなたへ★
Twitterボタン

ゆう

Author:ゆう
インソン・ペンならまた覗きたくなる…そんなブログ作りを目指しています(^^)

最新記事

コメント ありがとう(^^)

カテゴリ

訪問者数

Welcome♪

現在の閲覧者数:

favorite動画

リンク

Translation(自動翻訳)

お友達ブログ

アーカイブ


メールフォーム

♪メール送信こちらから♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

Myブログ内 拍手ランキング゙

(最近、拍手をいただいた順位)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。