あなたしか見えない ~사랑해~ チョ・インソン

 愛するインソン君への想いを思いつくまま綴っています



  love01.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 拍手ボタン右側です~♪  クリック ヘ ジュセヨ~(^^)

品格ある国作りキャンペーン インソン君の寄稿文

以前 ニュースに出ていた “品格ある国作りキャンペーン”ブログ過去記事
やっと インソン君の寄稿文が掲載されました~


【俳優チョ・インソンが軍入隊控えた後輩らに】

品格ある国づくり1

is.jpg
追加★サイトに行くと、いつの間にか夏服になっててビックリ!!(@_@)


“軍入隊前と入隊後、最も変わった点があるならば何ですか?”
“入隊前には芸能人であったし、今は大韓民国軍人です。”


去る5月、大田(テジョン)ハンバット大学で兵務広報活動をしている間、
ある学生の質問に対する私の冗談混じりの返事でした。

軍入隊を初めて決心した時、2年の空白期間によって 
ファンたちの記憶から遠ざからないだろうかと 
周囲で憂慮をたくさんしていました。
しかし普段から 兵役は国民の義務で、
義務を果たすのは 国民の一人として当然のことだと考えたので
入隊決心に大きい恐れはなかったです。
軍隊に2年行ってくるといって 
10年の間 自ら熱心に積み重ねた
誠意がこもった塔が崩れないことという確信が
軍入隊に対する心理的負担感をたくさん減らしました。

しかし 軍に対する漠然とした恐れを持った人々に
「恐れを持たないで下さい」
と話すことはできません。
なぜなら 当事者らが経験した状況と恐れは
どこの誰にも その人ほどには切実ではないからです。

だが、これだけは明らかに申し上げることができます。
兵役回避しながら 自分自身をだまして人生を生きることよりは
兵役の義務を果たして 自分自身に堂々とすることが
真の人間の姿ではないかという気がします。

こう思ってみればどうでしょう。
“小学校を卒業すれば中学校に進学して、
 中学校を卒業すれば高等学校に進学をするでしょう?
 そして高等学校を卒業すれば社会に出たり大学に進学をします。
 私たちは これをとても当然だと考えます。
 兵役を履行するのも同じことです。
 私たちの ある日常の過程だと考えて下さい。
 それで兵役を履行する心も 一層軽くなるでしょう。”



品格ある国づくり2

去る2月26日 第7代兵務広報大使で委嘱されたチョ・インソンが
パク・ジョンダル兵務庁長から委嘱牌を受けた。



しかも最近では 自身の特技と長所を生かして
多様な形態で兵役を履行できるだけに、
軍服務2年は 自身の人生を振り返り
発展させることができる契機になることでしょう。
私もまた 空軍軍楽隊員と兵務広報大使としての
特別な体験と大切な思い出が
俳優としての私の人生を より一層豊かにすると期待しています。

去る6月11日、兵務広報大使として兵務庁で主催した
‘兵役名門の家柄授賞式’の司会をする機会を持ちました。
3代家族が皆現役で 名誉に兵役を終えた方々に対して
褒賞をする意味深い席でした。
おじいさんから孫に至るまで3代が全部
自身に与えられた義務を黙々と遂行したのに
「当然しなければならない仕事をしただけなのに、このように賞までくれるんですか?」
と謙虚に言う彼らを見ながら 胸がジーンとしました。
この方たちにとって 兵役は単純に義務を越えて
国家のために奉仕できる 国民の大切な権利と認識されていました。

一部 兵役を回避しようとする人々がいる反面
兵役名門の家柄とともに 兵役を誇らしくて
名誉に履行した方々もまた多いという事実を
今回の機会を通じて新しく知ることになりました。



品格ある国づくり3

兵務広報大使チョ・インソンが
6月11日世宗(セジョン)文化会館セジョンホールで開催された
‘2010兵役名門の家柄授賞式’中、軍楽隊祝い公演の司会をしている。



現在の国家が政策的に推進している
品格ある社会と国家での成長は
このように 自身に与えられた義務と本分をつくす人が
あふれ出る時 可能になることでしょう。
特に 全国民が共感する
“noblesse oblige(指導層が持つ道徳的義務)”精神は
一般国民の模範にならなければならない
社会指導層の積極的な兵役履行を通じて 実現されると確信します。

義務であり権利の兵役を履行した方々が尊敬を受ける大韓民国、
その中心に 兵役を美しく実践した皆さんがいます。


 ※元記事はこちら


軍人、チョ・インソン上兵のお言葉は いかがでしょう?
今までにも 他のインタビュー時などに
聞いたことのある内容ではありますが…

ここは 敢えてノーコメントということで…
私たちには 心の底から理解できることではありませんから

ただ一生懸命 無心に服務しているインソン君を
これからも静かに、ときにミーハーに応援します(^^)

そうそう、君子に告知がありました
来週、25日に予定されている “6.25韓国動乱 60周年空軍軍楽演奏会”
君子に申し込めば お席を用意してくださるそうですよ~♪
申し込みは 20日の午後6時までですって(^^)

関連記事
 拍手ボタン右側です~♪  クリック ヘ ジュセヨ~(^^)

☆Comment corner

●2010.06.18 Fri 00:28

  
ゆうちゃん

インソン君のお言葉韓国に暮らすナムジャなら誰しもがきっと思うんだろうねそれが日本に住む私達には理解出来ない事だとしても
そう言う国に生まれたインソン君…そんなインソン君を好きになってしまった私達
インソン君は2年で今までファンで居てくれた人達が離れてしまうのを恐れていたけど…そんなインソン君に言いたいたった2年で離れてしまう様な人はホントに貴方の事を好きだったのだろうかインソン君私達は貴方が5年離れて居てもずっと待ってられる自信は有るよ(ホンマは嫌やけど)
わ~ゆうちゃんサラン何か訳分からん事言うてる

結論インソン君の事はずっと好き
  • #-
  • サラン
  • URL
  • Edit

●2010.06.18 Fri 11:56

  ♪サランちゃん
私、5年はムリかも…?(笑)

韓国に生まれ育った男子の宿命といえど
兵役は 皆が喜んで行くものではないのよね~

インソン君の服務姿勢は きっと後輩たちの手本となるはず
インソン、ファイティ~ン!!








(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

※鍵コメの場合も お返事のときにはネームを書かせてもらっています
 匿名希望の方は その旨を書いておいてくださいね(^^)いつも、ありがとうございます(ゆう)

Trackback

http://zoyouyou.blog84.fc2.com/tb.php/335-125dc83a

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

★インソン初心者のあなたへ★
Twitterボタン

Author:ゆう
インソン・ペンならまた覗きたくなる…そんなブログ作りを目指しています(^^)

最新記事

コメント ありがとう(^^)

カテゴリ

訪問者数

Welcome♪

現在の閲覧者数:

favorite動画

リンク

Translation(自動翻訳)

お友達ブログ

アーカイブ


メールフォーム

♪メール送信こちらから♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

Myブログ内 拍手ランキング゙

(最近、拍手をいただいた順位)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。