あなたしか見えない ~사랑해~ チョ・インソン

 愛するインソン君への想いを思いつくまま綴っています



  love01.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 拍手ボタン右側です~♪  クリック ヘ ジュセヨ~(^^)

brokore magazine 2006年8月号

【インソン君を振り返るシリーズ】

このインソン君、カッコイイですよね~? (//▽//)

ブロコリ1

大きく開いた胸元がたまりませ~ん!!ハート2

ブロコリマガジンでのショットですが
この雑誌は 残念ながら持っていません…
調べてみたけど、これはもう売ってなさそうです(残念)

「ブロコリ」 が何の事だか わかってなかったんですよね~

雑誌をお持ちの方には どうということもないと思いますが
私は ずっと、このショットの背景が知りたかったのですよ(^^)
ヘアスタイルで 「卑劣…」 の後くらい…というのはわかりますけどね~

そしたら昨日 何気なく覗いた韓国のサイトに 
この雑誌の画像と記事がアップされていました~♪

日本語の記事を韓国語に翻訳してあったのですが
それをまた日本語に~(逆輸入?)

長い記事なので短めに要約しましたが…
やっぱり 長くなってしまいました(^^ゞ



 ※画像のみは こちら♪

インソン君のお尻、横から見たらキュッとしてる~
これ、生で見ちゃったのね…


(記事の要約&雰囲気翻訳)
近頃 韓国では、チョ・インソンが話題だ
今まで彼の人気に対して異議を唱える者はいなかったが、
演技に対しては賛否両論があった
いつも演技が同じパターンなのではないかと…

そして、相次いだ主演映画の興行失敗に対して、
絶えず ああだこうだとの話が継続された

しかし、去る6月に公開された新作映画 「卑劣な通り(距離)」 で
今までの不安を完全に解消した
「卑劣な通り(距離)」 で脱皮に成功したチョ・インソンに話を聞いてみた


ブロコリ2

私は長い間、ただひたすら演技を続けてきました。
その姿勢は一度も変わっていません。
同じ努力で同じ演技をしても、
映画で認められなければ意味がないような風潮は少し変だと考えます。

私を認めてくれということではありません。

ドラマ、映画、演劇、ミュージカル、
どのジャンルであっても優劣をつけることは できるはずがないのに。
映画が成功して拍手を受けるように、
その過程での努力も 拍手を受ければ良いのにと思います。


ブロコリ4

世の中は学校、演技は授業です。
私はまだ幼くて完成された俳優ではないので 
ずっと習っていくしかありません。

そのように熱心に生きて、
いつかそのような人生が染み出てくる演技をしてみたいです。
今までの私は “チョ・インソン” ではなく、
演技したキャラクターで人気があっただけです。

どんなことも初めから上手くはいきません。
また、演技にあっての天才は存在しないと考えます。
もちろん持って生まれた感性を持った俳優はいるけど、
そんなに多くはありませんから。
残りの人々は 皆経験を繰り返して俳優になっていくんです。

それで、もっと急いで いろいろなことを学びたくなります。


ブロコリ5

でも 無鉄砲に自らを投げ捨てるまでの努力がしたいのはではありません。

ある撮影監督が こんなことを言いました。
「“腕前の良い易者は神さまが降りた人” と言うが 休む間もなしにずっと占いをすれば 
どんどんその神さまが与えた能力も消えてしまうんだよ」

演技者も同じです。
酷使してはいけないんです。
時には充電時間を挟みこみながら努力する、
そのようにバランスをよくしなければならないんです。

自分を酷使させた結果 “演技の神” が消えてしまったらどうします?(笑)

ただ何も考えず ゆっくりとエネルギー充電をすると また力が湧き出ます。
心の底から 「演技をしたい」 という声が聞こえてくるのです。


ブロコリ6

意図したことではないが、振り返ってみると刺激的な役が多かったようです。
人気があったのは、こういう少し個性が強いイメージのためだと考えます。
すなわち、人気があったのは 演技というよりは、
大衆が望む役と一致したためのようです。

ソフトな役でも、その反対でも どちらも自分の姿です。
観客は “チョ・インソン” であって 
“チョ・インソン” ではない私を見ていると思います。

“そのように見えない人が刺激的な役をする” という点で人気だったと。
意外性によって生まれる魅力なのかもしれません。


ブロコリ7

これからは より一層多くの人に会ってみたいです。

今までは会わないようにしましたが、周囲の女優らとも
これからは少しずつ会わなくちゃと考えています。
一対一で会うことはできませんが。

そして恋愛もしたいです。
私にとって可愛い人、魅力的な人ならば それで良いです。
もちろん聡明な女性が良いです。

特殊な職業上、あらゆることをするのは不可能かもしれませんが
ガールフレンドと大事なこと、
幸せなことを一緒にすることができたら良いです。

私が美しいと考える女性ならば 
当然 セクシーさも感じさせる人です。
今まで まだそのような女性には会ったことがないですが。

女優さんたちは やはり(スキャンダルのことが)とても気になるため 
女性として見ることはできないです。
スキャンダルになれば 私は構いませんが相手側には申し訳ないでしょう。


ブロコリ8

今 私に会う多くの人々が好意的に接してくれます。
それでも私が熱心にしなければ、
そのような好意は みな消えてしまうでしょう。

最近では 舞台挨拶に出るたびに 
それがどれくらい重要なことかを感じています。
無名時代があったおかげで そのような感謝の気持ちが出てきます。

良い作品をすることができること、人々から好評を受けること、
休む間もないことさえも感謝しなければならないものなのです。
いつもそのように考えています。
忙しくてへとへとになるというのは幸せなことでしょう。

私の人生でのターニングポイントは いくつかありました。
MBCアカデミーに登録後、運良く広告撮影に入ったし、
その次はある監督が 演技の出来ない私をキャスティングして下さいました。

負けん気もあったし ただ熱心に演技を必死にするつもりだったが 
「南男北女」 でプライドがすっかり折れてしまいましたよ。

完全に崩れてしまいました。
自ら 今まで傲慢な姿勢で仕事をしてたんだなという気がしましたよ。

このままでは これ以上演技することができないのではないかと とても悩みました。

そして その次の作品が 「バリでの出来事」 これでしたよ。
そして今の 「卑劣な通り(距離)」 のビョンドゥ

10年後も今までと同様に こういうターニングポイントが
何回も積もっていく過程を体験している段階に過ぎないかもしれません。
いや、そうだったらいいですね。

あ、そういえば日本で広告も撮りましたよ。

どんな反応があるか気になりましたよ。
韓国では なじみの顔だから 
私が出演すれば ある程度は広告効果があるだろうけど、
日本では完全に新人です。

これから日本でも顔を知らせることになって嬉しいです。

ただ、むやみに日本に来て演技することもできないので、
共感することができる良い作品との出会いがあるならば嬉しいです。



記事は かなり割愛しましたが~

いつもながら、若いインソン君の大人な発言…感心しますね!!
尊敬します

でも、いつもインソン君のインタビューを読んでいて感じること

普通の若者だったら遊びまくっている年頃に
過酷な世界で、大人な行動をしなければならなかったんだなぁ…という気もして
自分が望んだ道ではあるけど ちょっと不憫に感じることもあります

なんか、こう… インタビューを読んでいて、胸がチクチクするの

この人はこの若さで どれだけの苦労と努力を重ねてきたんだろうか…って
普通の青年としてやりたいこと、いっぱい諦めてきたんだろうなぁ…って

何かを得るために、何かを諦めなければならないのは 世の常だけど…
得たいものが大きければ大きいほど、たくさん諦めなければならないのね

今は普通の青年では得られない 充実感や達成感、名声を得ているので
どちらが幸せだった…とは言えないですけど…

いえ、インソン君が望んだことだから…きっと今が幸せですね(*^_^*)
私も こうしてインソン君に逢えたから 幸せです



ブロコリマガジン フォトショット 2006,8
 ※画面枠の下側、右から2番目のボタンでフルスクリーンになります。
  右から3番目のボタンで再生画面枠が広がります。



このインソン君 本当に大好き!!
これも5本の指に入るわね~

私 やっと、このときのあなたに出逢えたわ~\(*≧∀≦*)/

関連記事
 拍手ボタン右側です~♪  クリック ヘ ジュセヨ~(^^)

☆Comment corner

●2010.04.11 Sun 01:35

  深い!
ゆうさんのチョ・インソン君への思いの深さに感動!

このような記事を読ませていただくと
チョ・インソン君の努力の継続が今のチョ・インソン君に繋がっているのだなと。
成長し続けているチョ・インソンを観ていられることは幸福だなぁと。
つくづく感じます。。ありがとう、ゆうさん。
今の位置にあることにも対しても、チョ・インソン君は驕ることなくいることでしょうね。
本当に姿だけでなく、心も素敵なチョ・インソン君、いつまでも応援していきたくなる!

ところで、チョ・インソン君ってキョロキョロ目線が動くけれど、こんなに心根がしっかりしているのよね!
だから、余計可愛くて・・・v-10
ギャップがたまらない!

●2010.04.11 Sun 15:06

  ♪botibotiさん
私の想いの深さだなんて…お恥ずかしいわf^_^;

インソン君の昔のインタビュー記事を読むと、昔からずっと変わらない考えの元
常に有言実行してきているのがわかるね~

ファンのことを想いながら、これからも 一歩ずつ確実に 自分の道を歩んでいくのでしょうね(^^)
ずっと見守りたいですね!!

そうよね(*^m^*)
子どもみたいに落ち着きがないの(笑)
若いときから まったくぶれない筋の通った考えと、
相反する 少年っぽさの共存が、めちゃくちゃ魅力よね!

もう インソン君のことを考えるだけで ニヤけてくるのぉ~(≧∇≦)
  • #1wIl0x2Y
  • ゆう
  • URL
  • Edit

●2010.04.11 Sun 18:48

  
このブロコリインソン君本当にカッコイイですよね~
2006年のtrugen秋と同じくらいツボですぅ。
しかし・・・この本持ってますが、この動画で紹介している画像は
本の中に無いの~(何で??)
このグラサン姿につられて買ったのに~(笑)
スライドで紹介しているのしか写って無い...
ま~素敵なインソン君が写っているから良いか?

この雑誌 ヤフOクで 500円でまだ売ってますよ
正規の本屋では もう無いかもね

●2010.04.11 Sun 20:51

  ♪emiさん
そう~、グラサン・インソンが一番カッコイイのにね~(^^)

たくさん撮影した中の、雑誌に使わなかったものをサイダスで使ったということかしらね~?

emiさんは 雑誌をお持ちなのね…羨ましいわ
私 この当時は まだギリギリ ファンじゃなかったわ(>_<)

うん、そういえば ヤフオクにはあったような気がします
でも ヤフオクを利用したことがないのですよ~
しかし、500円?!
入札してみようかな?(≧∇≦)
  • #1wIl0x2Y
  • ゆう
  • URL
  • Edit








(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

※鍵コメの場合も お返事のときにはネームを書かせてもらっています
 匿名希望の方は その旨を書いておいてくださいね(^^)いつも、ありがとうございます(ゆう)

Trackback

http://zoyouyou.blog84.fc2.com/tb.php/271-c37da04f

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

★インソン初心者のあなたへ★
Twitterボタン

Author:ゆう
インソン・ペンならまた覗きたくなる…そんなブログ作りを目指しています(^^)

最新記事

コメント ありがとう(^^)

カテゴリ

訪問者数

Welcome♪

現在の閲覧者数:

favorite動画

リンク

Translation(自動翻訳)

お友達ブログ

アーカイブ


メールフォーム

♪メール送信こちらから♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

Myブログ内 拍手ランキング゙

(最近、拍手をいただいた順位)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。