あなたしか見えない ~사랑해~ チョ・インソン

 愛するインソン君への想いを思いつくまま綴っています



  love01.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 拍手ボタン右側です~♪  クリック ヘ ジュセヨ~(^^)

長く険しい“俳優”への道

今日、ニュースサイトを見てたら こんな記事が…

(記事抜粋・要約)
【ショートトラック選手出身ソン・ジュンギ、負傷と引き換えに得た台詞は…】

16日夜 SBSのトーク番組で、タレント ソン・ジュンギが 『霜花店』 で、自身の負傷と引き換えにした台詞に泣いた理由を紹介した。

ソン・ジュンギは 「映画中で走るシーンが多いので 抜擢をされたようだ」 と、監督の意中を察したが、実際に走るシーンでは 監督の思う走りが出来ず、信頼を失う状況になってしまった。

彼は 「3ヶ月前から練習してきた大切な一行の台詞をイム・ジュファン氏に奪われた」 として 「監督が私に期待しなかったからそうなったし、自分自身にとても腹が立っていた」 と当時を回想した。

以後ソン・ジュンギは変わった。
落馬や剣舞シーンでの負傷も省みず熱意を見せ、「一言の台詞と単独バストショットをただ一つだけでもくれれば…」とアピールした。

そして、ついに監督の心は開かれたし ソン・ジュンギは台詞一言を得ることができた。
劇中、チョ・インソンに 「私も総官のためにここまで来ました。はやく馬を降りて下さい」 と話す台詞を得て演技したソン・ジュンギは 「劇場に行って映画を見ていて涙が出た」 として 台詞一言に泣き笑いの過去を思い返した。


ソン・ジュンギ

  ※元記事はこちら


俳優への道のり…やはり険しいようです!!

インソン君も 若かりし頃は(今も若いけど(^^))
何度も辛酸を舐めましたね

“幻のドラマ 『JUMP』” のことは 前に記事にしましたけど (ブログ過去記事
今回、の記事を読んで思い出したのは
『霜花店』 つながりの このインタビュー記事

インソン君が広報活動中に、それまでの作品のことを告白していて
当時、私も 記事を読んで切なくなったことを思い出したのですよ~


(記事抜粋)
チョ・インソンが俳優として目覚しい急成長をした初作品は ドラマ 『バリでの出来事』 だ。映画 『クラシック』 では演技ができないという理由で 出演分量が減る侮辱を受けたし、他二編の映画 『マドレーヌ』 と 『南男北女』 は、興行で惨敗した。チョ・インソン自らも当時には 「演技が私の道として合うのか悩んで恐れた」
だが 『バリでの出来事』 で堂々と認められたし、ユ・ハ監督の映画 『卑劣な通り』 で、もう一度飛躍することができた。

zo2.jpg

「良い監督と作業をたくさんしましたよ。(今までの)映画がうまくいかなかったのは、私がその時よくできなかったから そうなったことでした。私は他人に責任を押し付けたくありません。問題は私にあります。うまくいかなければ私に責任があるという気がして 『バリでの出来事』 は それでより一層熱心に、命を賭けて熱情的にしました。それで良い結果を産んだようです。ユハ監督は 私が分からなかった私を発見された方です。私が立体的な演技ができるように作ってくださった方です。だから全面的に頼って信頼しています。」


  ※元記事はこちら (翻訳ページです)

で、 『クラシック(邦題:ラブストーリー)』 ですが、これがその削除シーン?
YouTubeにアップされてるので みなさん すでに見ているかもしれませんが… 

私は、まだ 『クラシック』 見てないの f^_^;


映画『クラシック』 削除シーン

  ※元動画は こちら (ありがとうございます) 

インソン君…そんなに、演技 下手ですか~~??
そんなことないのに~…

可もなく不可もなく、っていう感じがダメなのかなぁ?

とすれば、ジェミンは超個性的なキャラで
インソン君ともイメージがバッチリ合ってて良かったんですね(^^)
いや、インソン君が演じたから ジェミンのあのキャラが出来上がったといえますか~ 

 「一層熱心に、命を賭けて熱情的にした」
結果、やっと 『バリ…』 以降、俳優として良い方向に動き出したんですよね

今は 見事に見返すことが出来ました!(*^_^*)

そして、インソン君は 自身のことを
 「まだまだ、未完成な俳優」
と言ってるうように、俳優道は終わりの無い 長い長い道のりです

その長い道程から 「乾竜衛」の誰が一歩も二歩も抜きんでてくるでしょうね~? 
参照ブログ過去記事 「乾竜衛」

関連記事
 拍手ボタン右側です~♪  クリック ヘ ジュセヨ~(^^)

☆Comment corner

●2010.03.17 Wed 23:45

  
ゆうちゃんv-22

削除シーン図書館のシーンしか知らなかったよv-237

v-237あれは演技が下手で削除されたのv-236
サランは時間の都合で削除されたとずっと思ってたv-12
そんなに演技が下手とは思えへんねんけどv-16
でもあの少ない出演で存在感を見せ付けた…とか
聞いた様な気がするねんけどv-218
違ったんかなv-237v-236
  • #-
  • サラン
  • URL
  • Edit

●2010.03.18 Thu 00:15

  ♪サランちゃん
まぁ、演技のことだけでなく 時間のこともあったでしょうね~

公開当時のことを知らないから はっきりしたことはわからないけど
けっきょく インソン君は脇役だったということよねぇ?

記者によって、記事の雰囲気が変わるから
インソン君を褒める記事もあったのでは~?

ただ残念ながら 「ラブストーリー」でのインソン君は
「霜花店」のジンモssiにはなれなかった…ということやね~

でも“昔があるから今がある”なのよね
  • #1wIl0x2Y
  • ゆう
  • URL
  • Edit

●2010.03.18 Thu 00:53

  ♪拍手コメ kansonさん
そうでしたか!
コ・ス君の最新ドラマに出演してたのね~
そのあたりから このバラエティ番組にもつながったんでしょうね(^^)

では、シム・ジホ、イム・ジュファンを除いては
彼が頭ひとつ出てきた感じですね?!

日本の「霜花店」公式サイトには
ジホ君、ジュファン君、そして彼だけが紹介されてますもんね~

インソン君の過去記事は これは なんとなく頭に残ってて、
後から動画を見つけて、なるほど~とつながったんですよ~

理由はどうあれ、俳優にとっての渾身のシーンが削除されるのは
やはり 残念なことですよね…
  • #1wIl0x2Y
  • ゆう
  • URL
  • Edit








(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

※鍵コメの場合も お返事のときにはネームを書かせてもらっています
 匿名希望の方は その旨を書いておいてくださいね(^^)いつも、ありがとうございます(ゆう)

Trackback

http://zoyouyou.blog84.fc2.com/tb.php/244-d07c5140

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

★インソン初心者のあなたへ★
Twitterボタン

Author:ゆう
インソン・ペンならまた覗きたくなる…そんなブログ作りを目指しています(^^)

最新記事

コメント ありがとう(^^)

カテゴリ

訪問者数

Welcome♪

現在の閲覧者数:

favorite動画

リンク

Translation(自動翻訳)

お友達ブログ

アーカイブ


メールフォーム

♪メール送信こちらから♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

Myブログ内 拍手ランキング゙

(最近、拍手をいただいた順位)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。