あなたしか見えない ~사랑해~ チョ・インソン

 愛するインソン君への想いを思いつくまま綴っています



  love01.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 拍手ボタン右側です~♪  クリック ヘ ジュセヨ~(^^)

「天山大猟図」 (『霜花店』より)

なんだかんだ言いながら
まだ しつこく 『霜花店』 ネタが続いております f^_^;


〖インソン君を振り返るシリーズ〗
 
日本では ただ今 上映の真っ最中だけど
このニュース自体は古いものなので
「振り返る」 とさせていただきました(^^)


(2008/12/08)
【映画「霜花店」、恭愍王の「天山大猟図」完璧に再現】

20081208143937-1.jpg

チョ・インソンとチュ・ジンモが高麗時代の名画の中の人物に生まれ変わった。2人は下半期の期待作「霜花店」(ユ・ハ監督)で馬に乗って野原を疾走しながら弓を引く場面を演出した。高麗時代の恭愍王(コンミンワン)の作品「天山大猟図」を再現したものだ。「天山大猟図」は繊細でありながらも大胆な筆致が高い評価を受けている絵。元の衣装を着た2人の武士の豪放な姿と、生き生きとした草原の描写が当時の世相をよく表している。ユ・ハ監督はこれを護衛武士(チョ・インソン)と王(チュ・ジンモ)の最も平和な時として活用した。


  元記事はこちら

『霜花店』 劇中で この絵はとても印象的に使われていますよね(^^)


本物は こちら

chunsanderyup_fa4LhM4Oa9.jpg

【天山大猟図】 ◇恭愍王作 ◇シルクに彩色 ◇14世紀 ◇24.5 × 21.8cm

崑崙山の北側裾の陰山でのハンティングの姿を表現したという意で「音山大猟」とも「陰山大猟図」とも言われる。
力強く馬を走らせる騎馬人物の姿が 細くて繊細ながらも、活気に満ちた線で気勢蘇生するように描写されている。


  元記事はこちら

さて ここからは ネタバレ注意!! です~

映画をご覧になった方は、すでにお気づきですよね~(*^_^*)

このときは…

001127237.jpg

この絵で、

001162134.jpg


このときは…

000497498.jpg

この絵なんですよね……

000506883.jpg

この事実に初めて気がついたとき、王様の想いの深さに圧倒されました

ホンリムがいなくなった後 ひとりで絵を描き直す王様を想像しました

この絵は王様にとっては 二人の幸せなときの象徴であり
自分とホンリムをつなぐ 唯一のものだったのですね


しかし、本物の絵の方は めっちゃおっさんや~!!(笑)
あんなん ホンリムと違う~(≧m≦)

関連記事
 拍手ボタン右側です~♪  クリック ヘ ジュセヨ~(^^)

☆Comment corner

●2010.02.24 Wed 23:17

  
そーやねんそーやねん!!!
オフ会の時のケーキ 王さまが手直しする前バージョン!
なんも思わんと 大きい画像でデザインしてしまって
受け取りに行った時にmaroちゃんに指摘されてん++;
どーせやったら 王さまが手直しした後の方にしたかった^^;
反省~

●2010.02.25 Thu 07:26

  
ゆうちゃん

そうこの絵の違いをゆうちゃんから聞いたのが遠い昔の様な気がするなぁ

ホンリムに切られてゆうちゃんに聞く前はただ単にホンリムと自分を繋ぐ唯一の絵を切ったて思ったのがこの事実を知ってから見たら王のホンリムに対する愛の深さが分かるよね怒りもね

しかし…実際の絵ホンマオッサンや
  • #-
  • サラン
  • URL
  • Edit

●2010.02.25 Thu 10:53

  
私も王様が描き直した絵がアップになった途端にじょぉぉぉぉ~(T_T)って涙が出ましたっ。
王様のホンリムへの思い・・・。ホンリムがこの絵を切り裂いた時の思い・・・。
ホントに色んなことを思う映画です・・・。
  • #eYj5zAx6
  • URL
  • Edit

●2010.02.25 Thu 12:38

  ♪拍手コメ kansonさん
私も そのホンリムは好きです(^^)
諦めてしまった寂しさと、気持ちを立て直した穏やかさと…
ホンリムのいろんな気持ちを感じます

こちらこそ、いつもありがとう♪

●2010.02.25 Thu 12:45

  ♪らんちゃん
あのケーキ…
あれはあれで 素晴らしいよ~!!絵のまんまやったもん(^^)
作ってくれた人に 大拍手e-460
あの絵をケーキの図柄にしようと思いついたらんちゃんにも拍手~e-460
いや、ほんま良かったよ!!美味しかったし(^o^)/

●2010.02.25 Thu 12:52

  ♪サランちゃん
ほんまやね! 何年も前のことみたい(^^)
初めて絵の違いを発見したときは 物語の奥深さにも感動したよね~

本物の絵の方…昔の人は丸顔やったんやね(笑)

●2010.02.25 Thu 12:59

  ♪柚ちゃん
そういう細かい演出、ストーリーの奥深さを
インソンファンではない、なんとなく映画を観に来た人たちにも
わかってもらえたら いいけどね~(^^)

でも、“じょぉぉぉぉ~” って…!!(笑)
面白いわ~柚ちゃん ヾ(≧∇≦)ノ

●2010.02.25 Thu 21:08

  管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

●2010.02.26 Fri 11:33

  ♪鍵コメ Aさん
お~!二日連続観賞ですか!!(@_@)
しっかり堪能されたのね~e-420ちょっと興奮気味じゃないですか?(*^m^*)

【ネタバレ注意報!!】

あまり感想を語るのは得意ではないのだけど、
ここは記事じゃなくてコメ欄だし せっかくなので少しだけ~(^^)

普通に愛したというなら それはやはり 最終的には王妃だったと思います
でも 最後に元気な姿の王妃を見て 
それまで怒りで見えなかった王様の想いをすべて理解したのかなと…

そして そこに愛よりも深い絆があったことを感じたのだと思いました

でもその絆は同時に ホンリムが自分の人生を生きるためには
断ち切らねばならなかった絆でもあったのだと思いました~

私の勝手な感想ですよ~(^^ゞ(恥)e-330

Aさん、まだまだ行かれるのね?
パンフレットには 興味深いことがたくさん書かれていましたよ

特別、インソンファンではない方からの褒め言葉は とっても嬉しいですよね!!
そうですか~♪ 3月5日以降も上映されるのね?
私も もう一度くらい観ておこうかな(^^)

●2010.02.26 Fri 15:08

  
昨日はネタばれを警戒して秘密コメントにしましたが(笑)‥コメ欄につき 公開コメントで

うん うん。愛する人が生きていた事実を知ったホンリムが 最後に王の方を向く所に何かの想いがあるんだと。表現するのが難しいですが‥一言で表わすなら 愛する人の命を奪わないでいてくれた王への“感謝”かな?と思ったんですが‥やっぱり何かもっと違う想いがあるような気がして。
友人は「最後の最後に王への愛に気付く」という想いでした!
ゆうさんの想いにも‥うう‥深いっ!!また新たな見方が生まれました(≧∇≦)
やっぱりもっとスクリーンで見ないと‥(笑)

でもホンリムと王の愛し方で完全に違うのは‥王は自分も深く愛したけど 相手にも同じ想いを求めた。(見返りを求めた)に対して ホンリムは愛する人の為に命を投げだした。

最後になればなるほどホンリムの顔が輝きを増したのは‥演技を越えたもの‥インソン君の役者魂がホンリムにのりうつった??すごい‥

最後にホンリムが息絶える時の表情と息づかい‥この役でインソン君がまた一歩 役者としての階段を登った事を実感したシーンでした!
そんな姿をファンとしてこれからも見守っていけたらな と思います。


そして昨日も書きましたが‥インソン君のラブシーンのみずみずしさと美しさ
一回目は堪能する余裕がありませんでしたが(笑) 2回目は楽しめました
美しすぎるお尻と長~~い 美しい足にでした(≧∇≦)

大阪は3月5日以降も上映されるので またまたスクリーンのインソン君に会いに行ってきます

●2010.02.26 Fri 16:40

  ♪アヤさん
いろんな見方ができるし また見るたびに違う感情が沸きあがってくる作品ですよね!(^^)

 【ネタバレ注意報!!】

王様は、愛されることを知らない人なのですよ
だから、本当の愛し方もわからない…
まして、権力者だからああいう愛し方になってしまうのでしょうかね~

王様が籠の鳥の世話をしていたのが象徴的ですよね(^^)

インソン君は なりきりタイプの役者だから  
観ているこちらも すごく圧倒されるし惹きこまれますね
アヤさんのコメを読んでると、アヤさんの想いの深さも感じますよ~♪

ラブシーンはね…私の頭の中では いつもジヒョssiが私になってるよe-446(笑)








(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

※鍵コメの場合も お返事のときにはネームを書かせてもらっています
 匿名希望の方は その旨を書いておいてくださいね(^^)いつも、ありがとうございます(ゆう)

Trackback

http://zoyouyou.blog84.fc2.com/tb.php/224-6a4c0e81

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

★インソン初心者のあなたへ★
Twitterボタン

Author:ゆう
インソン・ペンならまた覗きたくなる…そんなブログ作りを目指しています(^^)

最新記事

コメント ありがとう(^^)

カテゴリ

訪問者数

Welcome♪

現在の閲覧者数:

favorite動画

リンク

Translation(自動翻訳)

お友達ブログ

アーカイブ


メールフォーム

♪メール送信こちらから♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

Myブログ内 拍手ランキング゙

(最近、拍手をいただいた順位)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。